アフィリエイトブログで記事が書けない・・。7つの原因を探り、解決の道へ。

目安時間:約 10分

 

 

「お金を稼ぐためにアフィリエイトを頑張るぞ!」と最初は意気込んでたのに、今はすっかり更新ができなくなった・・。

 

稼ぎたいのに、記事が書けないんじゃ前に進めない。これはアフィリエイターなら誰しもが通る道だと思います。

 

僕も書こう書こうと思っても、パソコンの前でダレて机に伏したり、動画を見てたりしてました。

 

今はうまいこと自分のペースを見つけて、記事を書き続けられてます。

 

なぜ記事が書けないのか。その原因は7つあります。この7つの原因の解決を探れば、また記事が書けるようになります。

 

 

 

 

精神的な問題

 

興味のないテーマでは長く続けられない

大抵は興味のないことばかりでしょう。特に興味のないダイエットサプリの紹介や、ネット回線の格安プランのまとめなど。

 

アドセンスならどうでもいい芸能人の騒動ネタや、季節のイベントについてなどなど・・。

 

いくら稼げるとわかっていても、どうしても心が拒絶しています。「こんなつまらない事止めようぜ。」と。

 

お金を稼ぐためのコツとして、自分の興味のあることと、実際に稼げることを両立できるテーマに取り組むのが理想です。

 

しかしどちらの条件も満たすのは難しいです。好きなことでブログ更新しているけど、月1000円しか稼げなかったらダメだし、興味のないことに取り組んで結局1記事も書けないのでは意味がない。

 

なので好きな分野でどの程度の妥協ができるかを見定めていくことになります。

 

例えばゲームをするのが好きだけど、ブログのテーマとして扱うのは人気はあるけど自分ではあまりやらないジャンルのものにする。など。

 

自分の興味もあって、なおかつ稼げるものに取り組む。どちらも完全に満たすことは難しいですが、この2つの条件を満たすように意識すれば絶対にまた記事が書けるようになります。

 

 

 

 

なかなか結果が出せずに失敗しかない

人間、失敗ばかりしていると非常にモチベーションが下がります。もしまだ一度も稼げていないのであればなおさらです。

 

稼げるかどうかまだわからず、それでも挑戦して失敗を繰り返していると心に拒絶が起きます。

 

人は無駄を嫌います。「これだけやったのに全くの無意味だった。今まで何をしていたんだ。」という事態だけは避けたがります。

 

これについて「諦めるなよ!」と言うのはあまりにも酷です。やっぱり稼げる人もいれば稼げない人もいる。

 

それでも諦めきれない人は、焦らず時間をたっぷりかけて取り組むようにしてください。

 

結果が出ないと焦って早くなんとかしなきゃと悪循環に陥ります。稼げないのは才能の問題ではなく、取り組み方にあります。

 

人が1ヵ月でできたことを自分なら半年かけてやる。そんな気持ちで取り組んでみてください。

 

マイペースでやっているとある日突然、稼ぎだせるようになっています。そしてようやく稼ぐコツを見つけたら、あとは一気に額が増えていきます。

 

失敗は自分の血肉となって必ず役立ちます。無駄ではありません。

 

 

 

 

作業時間が長すぎて食傷を起こしてしまっている

どんなに稼げるとわかっていても、どんなに自分の興味があることで楽しいと思っていても、1日の作業量が多すぎると嫌になってきます。

 

それでも記事を更新しなきゃ、早く稼がなきゃ、と自分を追い詰めてしまうといずれ1記事も更新できずに1日が終わる日がやってきます。

 

ご飯と寝る時以外はブログ更新、というのも結構ですが、自分にとってそれがどれだけ必要なことなのか、この機会に考えるチャンスだと思います。

 

1日12時間作業を1ヵ月続けて食傷を起こすよりも、1日3時間を1年継続させたほうがずっと価値があります。

 

一度食傷を起こして記事が書けなくなってしまうと、なかなか復帰するのが難しくなります。

 

スポーツでいうところの肉離れのようなものです。筋肉痛とは違ってなかなか治りません。

 

 

 

 

何を書けばいいかわからなくなった

自分が稼げると思ったテーマに取り組んでみたら、実は稼げなかった。

 

じゃあどんなテーマなら稼げるの?と迷っていて記事が書けなくなることもあります。

 

そうなったら自分の取り組んでる分野を見直していきましょう。アフィリエイト、アドセンスどちらも稼ぎ方についてのマニュアルを見直してください。

 

またライバルのサイトを研究するのも非常に良い方法です。

 

実際に稼いでいるサイトが、なぜ稼げているのか調べることで解決のきっかけになりますし、参入するテーマも明確になります。

 

何を書いたらいいのかわからなくなったら、一度マニュアルを見直す、ライバルのサイトを研究してみてください。

 

 

 

 

 

 

物理的な問題

 

食生活に偏りが出ている

食べ過ぎて日中眠かったり、肉野菜ばかりをを食べて糖質不足で頭が働かないなど、食事が原因で作業ができなくなることは十分にあります。

 

また睡眠にも大きく関わってくるので、食べ過ぎで9時間以上も寝過ぎたり、食べなくて4時間以下の短眠で寝不足になったりします。

 

そうなると作業のモチベーションに大きく影響するので、自分に合った食事バランスを見つけることも記事を書くための欠かせない要素です。

 

体調管理で記事を書くモチベーションを高めていきましょう。

 

 

 

 

睡眠を適切にとれていない

「稼げている人たちは寝る間も惜しんで書いている!」、「1日10時間はやれ!」と先輩アフィリエイターに言われているかもしれません。

 

これについては無視して構いません。人それぞれ環境は違うし、取り組める作業量も違います。

 

食事同様、眠ることを疎かにすると必ず生活に支障が出てきます。それが結果的に記事が書けなくなる一番の原因となってしまいます。

 

自分のペースを崩さない事が、むしろ稼ぐための最短の道です。

 

生徒に早く稼いでもらって自分の実績にしたい先輩アフィリエイターの言う事は置いといて、良く寝て良く食べて自分のペースで継続させてください。

 

 

 

 

 

本業の労働や人間関係ですっかり疲れ切っている

疲労が残ったままだと作業を継続させるのは難しいでしょう。1日の自分の残された時間は好きなことをしていたい、そう考えるものです。

 

なのでこの場合は記事を書くことに意識を傾けるよりも、本業の労働時間を減らす、悪い人間関係を少しでもなくしていくことを行ってください。

 

また記事を書くための作業量も1日30分程度で十分です。3日で1記事書くといったペースでもいいでしょう。

 

1日のほとんどが仕事で残された時間がないのなら、記事が書けないのは当然です。

 

記事を書くための時間を増やすために本業の負担を軽くするか、1日の作業量をごく短いものにするようにしてください。

 

 

 

 

 

 

まとめ

 

原因は必ずある。根性論で突き通さないで

「いいからとにかくやれ。」といった理屈ではいずれ挫折します。それでもこう言ってしまう人たちは本当に多い。

 

できないことには必ず理由があります。自分に思い当たるフシを考え、それを解決することです。

 

もっと具体的に言うなら、自分のペースを崩さないように楽しむこと。これが一番の解決法です。

 

この記事が少しでも参考になれば幸いです。

 

 

 

 

 

 

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 

ページの先頭へ