グーグルアドセンスが稼げない5つの理由。とっとと辞めるしかない

目安時間:約 10分

 

 

ネットで稼ぐ方法として最も結果が出しやすいアドセンスですが、それでも1万円稼ぐことができなかった、という場合があります。

 

それはなぜなのか?

 

どのジャンルにおいても言えることですが、やはり稼ぐためのコツというのは存在します。

 

そしてそういったコツはあまり広まっていません。広まれば自分の稼ぎ場に参入されてしまうからです。

 

アドセンスにおいても同じで、稼いでいる人たちには共通するポイントがあります。

 

稼げない理由は言い換えればそのポイントに気づいていないからとも言えます。

 

今回の記事で解説する5つの稼げない理由が分かれば、これからアドセンスで稼ぐことは絶対に可能です。

 

 

 

 

なぜ稼げない?

 

ブログコンテンツが薄い

文字数が少なかったり、画像や動画を使っていない、閲覧者さんの求めている情報が書けていない、などが挙げられます。

 

記事数が5記事しか書けていない、ブログデザインが崩れてしまって非常に見づらい、というのもあります。

 

文字数は最低でも800文字、画像も視覚的に理解しやすいように1記事で少なくとも1~2枚は使ったほうが良いでしょう。

 

また記事タイトルからかけ離れた内容を書くのが一番やってはいけないことです。

 

「ゆで卵の茹で時間」を記事タイトルにしているのに、「焼きとうもろこしの焼き方」について書かれていたら、閲覧者さんはすぐにページを閉じてしまいます。

 

今一度、自分のサイトを見直してみて、上記の点が当てはまってないか確認してみてください。

 

 

 

 

 

記事のタイトルのつけ方を意識していない

これが一番原因として挙がっています。

 

せっかく記事の内容自体は充実して書けているのに、タイトルが「備忘録32」のようなありふれたものにしては誰も見てくれません。

 

まずグーグルアドセンスは検索エンジンGoogleからアクセスを集めなくてはいけません。

 

そのためにはまず閲覧者さんがGoogleに入力するであろう検索キーワードを思い浮かべます。

 

ガス料金を節約したいと考えている人たちなら「ガス代 節約」と検索して調べるでしょう。

 

なら「ガス代を節約する方法まとめ!月5000円以下に抑えよう」といったタイトルをつけてください。

 

こうすることで「ガス代 節約」という検索キーワードの結果画面で自分のサイトが表示されます。

 

間違っても「備忘録」とか「ガス料金が下がりました~日記10」というタイトルは入れないようにしてください。

 

「ガス代 節約」という2つのキーワードを含ませるようにしてください。

 

 

 

 

 

アクセス数が少ないニッチなジャンルに行ってしまっている

あまりにもマニアックなジャンルになるとアクセス数も減ってしまいます。「パンゲア大陸」とか「メダロット」といったような、人気の少ないジャンルではアクセス数も期待できません。

 

アドセンスで稼ぐなら少なくとも1日800アクセスは必要です。そのアクセス数を集めるためのジャンルとなるとそれなりに限られてきます。

 

オンラインゲームの攻略について書きたいのであれば、オンラインゲームの中でも特に人気のあるゲームに参入したほうが稼げます。

 

リネージュよりもパズドラのほうが稼げるでしょう。

 

こういったニッチなジャンルに参入してしまうと、どんなに頑張ってもアクセスは増えません。元々の母数が少ない以上、どうしようもないことです。

 

そういった時は今まで運営していたブログを手放して、新しいジャンルに参入するようにしてください。

 

稼ぎたいのであれば、決断するしかありません。

 

 

 

 

 

 

寄り道をしてしまっている サイトデザインに凝る、相互リンク集めをしている

サイトコンテンツにはあまり関係のないことを優先的にやってしまっている人たちは多くいます。

 

特に自分が管理するサイトだからこそ、オリジナリティあるカッコいいデザインにしよう!とテンプレートをずっといじっている人がいます。

 

また「SEO対策に有効らしいから。」ということで別の運営サイトと相互リンクを送りあうという事をする人もいます。

 

これらはまったくではありませんが、ほとんど意味がありません。優先度で言うと下にあります。

 

相互リンクはする必要はないし、サイトデザインはデフォルトのものでも構いません。

 

サイトを訪れる閲覧者さんにとって、サイトのデザインも相互リンクも興味ありません。

 

自分がサイトを訪れる時でも、サイトのデザインよりも記事の内容のほうを見ますよね。「このサイトと相互リンクしているのはどこだろう。」と調べたりはしませんよね。

 

アドセンスで稼ぐのであれば、とにかく記事を書くことです。サイトを運営しているのに稼げない、という人はこういった寄り道をしてしまっているのでご注意ください。

 

 

 

 

 

 

記事を書く作業をしていない、書く作業が苦痛になっている

稼げないから気持ちがダレてしまったり、元々文字を書くのが自分には合っていない、自分まったく興味のないジャンルの記事を書くのがしんどい、など書けない理由は様々です。

 

これらの気持ちはすごく分かります。今は稼げていますが、稼げない時期にまだタイピングも遅く、興味のないことを記事にするのは苦痛で仕方ありませんでした。

最初は我慢できても、2日目、3日目、1週間と経つごとにパソコンの前に座るのが辛かったです。

 

こうなった場合は、一旦ブログを書くのを辞めてしまうのがいいと思います。1ヵ月ぐらい休んでみて、心の休息を図ります。

 

そして1ヵ月経った頃に再度リハビリということで、2日で1記事書くというペースで少しずつ書いていく習慣をつけていきます。

 

文字数も今までよりも少な目で600文字だけにするとか、習慣づけるために日記を書くなどをして感覚を慣らしていきます。

 

こうすることで記事は書けるようになります。僕はこうやって治しました。

 

ただしアドセンスという分野においてもどうしても人によって合う合わないはあるので、継続できないのであれば辞めてしまいましょう。

 

 

 

 

 

 

 

稼ぐためには3つのコツを守る

キーワード選び、タイトル付け、記事を充実させる

上記で述べた稼げない4つの理由をそれぞれクリアすれば、必ず稼げるようになります。

 

最低でも3万は稼げます。継続すれば20万でも50万でも可能です。

 

稼げると思うキーワードを選んで、そのキーワードを含ませたタイトルをつけて、キーワードに合った内容を書く、これだけで稼げます。

 

こうやって書くと至ってシンプルですが、初心者さんやなかなか稼げない人だと別の事をしてしまいがちになります。

 

とにかく記事を継続して書いていきましょう。

 

 

 

 

 

まとめ

 

アドセンスで稼ぐのは至ってシンプル。だから諦めないで

アドセンスは必ず稼げます。

 

稼げないのは我流でやってしまって、これらの稼げない要因から抜け出せていないのがほとんどです。

 

アクセスの集まるキーワードを選んで、そのキーワードについての記事を書く、ただこれだけを意識するだけで必ず稼げます。

 

ぜひ諦めず、アドセンスで稼いでいってください。稼げる軌道に乗れたら快感ですよ。

 

 

 

 

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 

ページの先頭へ