グーグルアドセンス用の記事では1000文字は必要。記事数は30は欲しい。

目安時間:約 8分

 

アドセンスで稼ぐのはもちろん、審査の時点でもサイトをある程度は充実させておく必要があります。

 

この「ある程度」の基準が、1記事ごとに1000文字以上書かれており、記事数が30書けていることを指します。

 

記事を分類するサイトのカテゴリが大してないにも関わらず、アドセンスの審査を依頼するとNGをされてしまいます。

 

過去には400文字程度の日記が7.8記事あれば審査に通っていましたが、アドセンス利用者が増えるにつれて審査も厳しくなっています。

 

利用者が増えると悪質な利用の仕方をする人も増えてしまうからです。

 

 

 

 

 

アドセンス審査のために

 

コンテンツが充実しているのを示すためには1000文字

今は質の高い記事ばかりになっています。

 

どこかのページの文章を丸々引用しただけのサイトが検索上位に表示されることは少なくなりました。(Naverまとめや2ちゃんまとめは除く)

 

「これらのサイトに負けずに、良い価値を提供して運営してくれるサイトだ。」と審査の時にGoogleに認めてもらわなければいけません。

 

そのための基準の一つとして最低でも1000文字は書いてください。

 

アドセンスのポリシーのところに文字数については書かれていないので、あくまで一つの基準です。

 

【文字数カウント】

 

文字数チェックにはこちらのページを使ってください。

 

 

 

 

 

 

テーマは日記でも問題ない

何か人の役に立つコンテンツじゃないと審査に通らないんじゃないか、という不安はありますが大丈夫です。

 

何気ない日記を書いたサイトでも十分審査は通ります。文字数と記事数だけを意識していればOKです。

 

通らない場合はポリシー違反であるアダルト系、ギャンブルについて書いてしまった、もしくは著作権に違反する画像や動画を使ったのが原因だと考えられます。

 

一度自分の書いた文章や画像を振り返ってみて、ポリシー違反していないか見直してみてください。

 

画像を使いたい場合は著作権フリーのものを使ってください。「画像 フリー」と検索してヒットしたページのものを利用しましょう。

 

写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK

 

個人的におススメのサイトはこちらです。

 

 

 

1日1記事更新が好ましい

1日に5記事も7記事も更新するサイトはスパム認定されやすいので、1日1記事を目安に更新していきましょう。2.3日に1記事でもOKです。

 

SEO対策の一つとして1日1記事更新が勧められており、自然な更新の仕方です。

 

1日で何記事も書けた場合は、予約投稿を設定して1日ごとに更新されるようにしてください。

 

毎日記事を書かないといけないしんどさを考えれば、1日に何記事も書きだめておいたほうが気楽です。

 

これらのポイントを守っていれば審査にも通ります。

 

 

 

 

 

稼ぐために

 

1000文字以下のサイトは評価されにくくなった

今や日記のスタンスで更新されているブログは、検索上位に表示されることはなくなりました。

 

500文字以下で画像も使わず、自分のメモ用として記録する程度のブログでは稼げません。

 

それなら各サイトの情報を引用しまくった「まとめサイト」のほうがGoogleに評価されます。

 

検索上位に表示されているサイトたちは2000文字以上がほとんどです。

 

ただし蛇足的な形で文字数を稼げばいいわけではないので、そこが難しいところです。

 

音楽のセットリストや英単語についてなど、ジャンルによっては2000文字書かなくても問題ない場合もあります。

 

あくまで充実したサイトコンテンツ、という判断基準の一つとして最低1000文字を意識してください。

 

記事テーマでこれ以上書きようがない、という場合は1000文字に満たなくても構わないわけです。

 

500文字以下だと少なすぎです。

 

 

 

 

 

画像や動画も積極的に取り入れてコンテンツを充実

文字数と同じかそれ以上に発揮するのが画像や動画です。

 

良質なサイトコンテンツだと判断する基準に「サイト閲覧者の滞在時間」というものがあります。

 

この滞在時間が長いほど、Googleボットが「このサイトは閲覧者がしっかり記事を読んでくれている。」と判断するため、検索上位に上がりやすくなります。

 

なので動画を再生してもらったり、画像を見てもらうためにも積極的に取り入れましょう。

 

また文章力に自信がなかったり、文字数が足りない場合は画像や動画で補うのも全然アリです。

 

 

 

 

 

 

 

 

まとめ

 

 

アドセンス利用者が増えるに比例して、審査や評価も厳しくなっている

1記事1000文字はサイトコンテンツの質の最低ラインと判断していいでしょう。

 

ツイッターのように「今日は朝寝坊した。」と数文字だけ書いただけのサイトではどうしようもありません。

 

また画像や動画を取り入れたり、サイドバーやヘッダーにカテゴリを表示させたりして、サイトを充実させることで審査にも通りやすくなります。

 

いかに閲覧者にとって利用しやすいサイトか?を意識しながらサイト運営に取り組んでください。

 

難しい場合は、自分のお気に入りのサイトや稼いでいると思われるサイトを参考にするのも一つの方法です。

 

 

 

 

 

 

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 

ページの先頭へ