バイトが辛いフリーターへ。今この時こそ自分の今後を考えるチャンスだ!

目安時間:約 10分

 

 

バイトってキツいです。何回も同じことを機械のように繰り返して作業をこなし、好きでもない接客をして、どうでもいい客からのクレームでただ謝らないといけない。なのに、その対価にしては薄給・・・。

 

この気持ちを誰かに話そうものなら、「それぐらい当たり前。」、「お金をもらっている以上は、仕事はしなきゃ。」など理解してもらえない。

 

もうだめなのか、どうしようもないのか・・、と絶望するのもムリはありません。誰も味方になってくれないし、お金なくしては生きていけない。

 

しかしむしろ今この時が、バイト人生を変えるきっかけにもなります。ピンチはチャンスと言うように、どうしようと真剣に悩んでいるうちはなんとかなります。

 

かくいう僕もバイトが嫌で嫌で辞めたくて仕方なかった時期がありました。その時期があったおかげで、今こうしてパソコンを使って自分でお金を稼げるようになりました。

 

バイトをしたくないという後ろめたい動機があったからこそ、現実に抗うことができたと思ってます。

 

フリーターだからって恥ずかしい思いをする必要はありません。むしろこれからが良い人生へ進んでいくための第一歩です。

 

諦めずに自分には何ができるのか、ぜひ考えてみてください!

 

 

 

 

バイトがなぜ辛い?

 

期待ハズレだった、つまらない、飽きた

バイトなんて基本つまらないものです。

 

「やりがいのある仕事です。」なんて求人に書いていても、ただ単に仕事量が多いだけで、同じことを何度も繰り返すだけという。

 

自分にあう仕事が見つかったなら、それは運が良いことです。しかし大半の人たちは多少の差はあれ、自分に妥協しながら働いています。

 

妥協することはストレスです。ストレスの続く生活を続けていては、バイトが辛いと思うのは自然のことです。

 

基本的にバイトは単調な作業です。誰にでもできる仕事なのでつまらないものです。必ず飽きがきます。

 

そこまでしてバイトを続ける必要ってあるんでしょうか?

 

「俺だって本当はバイト辞めたいよ。けどつまらないから、なんて理由でバイトを辞めるなんて無理じゃん。」 こんな声が聞こえてきそうです。

 

でもとっとと辞めちゃいましょう。

 

 

 

 

 

人間関係で耐えられない

バイトが辛いと感じる一番の理由といってもいいでしょう。肉体的なしんどさよりも、精神的なストレスのほうが100倍キツいです。

 

バイトの仕事自体は簡単なのに、人間関係が原因でしんどくなっているといってもいいぐらいです。

 

上司、バイト仲間、客の3要素をいかにこなしてバイトを継続させるか・・。

 

ハッキリ言うとバイトが辛い原因が人間関係なら、とっとと辞めるのが一番です。

 

精神的なストレスは必ずどこかで帳尻を合わせようと心が反応します。タバコを吸ったり、甘いものを食べたり、暴飲暴食をしたりなどなど。

 

そこまでして働くことに意味はありません。そのバイトがすべてではないので、何か辞められないと思わされる理由があろうと辞めるべきです。

 

 

 

 

 

 

今後どう生きていくか

 

フリーターは別に恥ずべきことではない 周囲の目は気にしない

やっぱり生きている以上は世間の目というものはつきまといます。フリーターなんて言い方を変えれば、ニートとおんなじです。

 

でも別にニートが悪いわけではありません。あくまで社会的立場が低いだけなので、社会性を意識する人たちが見下しているだけです。

 

なのでそういった人間とは関わらないようにすることです。

 

ただ、もし実家暮らしなどをしていて、すぐに部屋を借りて自分だけの空間を用意するお金がないのであれば、お金を貯める時間は必要です。

 

他人からの評価は、自分の人生とは直結しないのであまり気にしない事です。あなたの人生はあなただけのものです。

 

自分の人生をどうにかできるのは自分だけです。

 

 

 

 

自分に合った仕事を探し回る、自分でお金を稼ぐ

お金がないと生きていけないのが社会の仕組みです。なので常にお金は稼ぎ続けないといけない。

 

自分に合った仕事が見つかるまではなかなかお金が貯まらないでしょう。日雇いや短期のバイトでなんとかやりくりするのも一つの手段です。

 

また自分で稼ぐという選択もあります。起業というレベルまではいかないにしても、自分で副業として数万稼げる仕事を見つけることもできます。

 

今はインターネットがあるので、ネットを使った副業はいくつかあります。僕自身も今はネットを使って稼いでいっています。

 

自分でお金を稼げるようになる、というのはとても快感です。バイト人生では決して得られない充実感があります。

 

誰にも縛られずに自分の思うように1日を調整できるのは、自分で稼げる力なくしては難しいでしょう。なので自分で稼げる力をぜひ身に着けてほしいです。

 

 

 

 

なるべく働かないために節約生活を始める

なるべく支出を抑えることで、バイト時間を減らすことができます。1日に3~5時間の勤務でも生きていけます。

 

もし誰か友人がいるならルームシェアをするとさらに支出が抑えられます。一人暮らしで月10万かかるのが、ルームシェアをすれば半分の5万円で済むのは驚異的な節約術です。

 

家賃、光熱費、食費、ネット代などの雑費をいかに抑えるか。バイトの辛さを考えたら、日々の生活の質を落としたほうがよほど楽です。

 

働かないというのは素晴らしいことです。

 

好きでもない仕事をしていると自分の大切な時間がどんどんと失っていきます。それに伴って心の中で諦めという芽も育っていくという悪循環。

 

節約生活で自分らしさを取り戻していきましょう。しんどいバイトをしているよりは1000倍マシです。

 

 

 

 

 

 

 

まとめ

 

人生の時間は限られている。自分の好きなことで生きていく

あまり焦らすような言い方は好きではないのですが、やはり人生は限られてます。

 

年を食えば食うほど、人生の色は失われていきます。今の大切な時間を、バイトなんかで悩んでいていいんでしょうか。僕には無理です。

 

もちろん自分の好きなことでお金を稼ぐのは難しいですが、無理ではありません。時間もかかることでしょう。半年はかかるかもしれないし、5年かかることも。

 

けれど時間がかかろうが、諦めたまま生きているよりはよほど価値ある人生です。いつか必ず好転する機会が訪れます。

 

バイトが辛いからって理由でフリーターになったって別にいいじゃないですか。世間体を気にしてバイトを辞められない人たちのほうがよほど格好悪いです。

 

自分にとって働くとは何なのか、自分と向き合って考えてみてください。働くことがすべてではありません。

 

良い人生を送れますように。

 

 

 

 

 

 

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 

ページの先頭へ